先輩社員メッセージ

東北の経済とその発展を支える
高速道路に関わる仕事に就きたい!
その希望が叶った喜びを感じながら
毎日の業務に向き合う。
青森
事業所
2019年入社(入社3年目) 清川 八戸工業大学
卒業

道路の安全性や快適性の向上。
それらを無事に完了させた時の達成感、
満足感の大きさが働きがい。

人と物の輸送、交流に欠かせない重要な社会基盤であり、東北の経済とその発展を日々支える高速道路に関わる仕事に就きたいと思っていました。会社説明会で高速道路の維持修繕を業務とするこの会社を知り、入社を志しました。就活で会社を選ぶ際に重要なことは、自分がやりたいことを明確にし、それが実現できる会社を選ぶことです。毎日の業務に向き合う中で、希望が叶えられた喜びを実感しています。1年目は先輩方の補助的な業務が多かったのですが、2年目以降は、工事管理者として発注から完了までを担当することになりました。責任の重さが増したのですが、無事に完了させた時の達成感、満足感の大きさが私の働きがい、喜びです。未経験の業務もまだまだ数多くあります。経験を積み重ねながら知識や技術を着実に自分のものにしていきたいと思います。

こんな仕事をしていますworks草木の繁茂による視線誘導標の視程障害や車線へのはみだし解消のための中央分離帯土工部の改良工事などを管理し、高速道路の安全性・快適性の向上を図っています。事故で設備が破損した際には、速やかな安全確保、原状回復を目指して復旧工事を指揮しました。また冬期には雪氷指示者として、雪氷作業に従事しています。
※入社1年目の2019年12月に取材・撮影
このページの先頭へ